Date.  



書籍サポート(図面って、どない描くねん!Plus+)
「図面って、どない描くねん!Plus+」をご購入いただきましてありがとうございます。
読者の皆様のご意見や問題点のフィードバックなどをこのページ上で、サポートさせていただきたいと思います。

誤字・脱字など、書籍に不具合などございましたらご連絡いただければ、このページ上でご報告させていただきます。
また、重版があった際には修正させていただきます。
ご意見は、今後の出版の参考にさせていただきたく思います。
 


「図面ってどない描くねん!」は、最新JIS製図に基づいた製図の作法を取り上げ、設計の視点だけで図面を描くテクニックを解説したものです。LEVEL2では、幾何公差だけに特化し、最新JIS製図に基づいた製図の作法を取り上げました。
LEVEL1で設計意図を表す寸法線を描き、LEVEL2でいきなり幾何公差を使った図面を描こうとすると両者にはギャップがあり、幾何公差を使いたくても使いこなせないという問題がありました。
またセミナーで「この表現はJIS製図として正しいか?」という質問が散見され、JIS製図を知れば知るほど、逆にJIS製図に固執してしまって、JISにない表記は全て間違った図面であるという強迫観念に襲われる設計者が見られるようになりました。

加工の知識を図面とどう結びつければよいのか、計測の知識をどう図面に結びつければよいのかをLEVEL1とLEVEL2にプラスして、決まりごとだけでない設計現場のエッセンスを図面に盛り込むテクニックを紹介します。

修正箇所 誤) 正) 修正適用
PC 
はじめにの部分
5〜6行目
μm(マイクロメータ μm(マイクロメートル 第2刷
P53
図2-21
第7刷
P64
3行目
挿入できるようφ10(+0.2〜+0.3)とします。 挿入できるようφ10(+0.1〜+0.2)とします。 第4刷
P90
図3-29
第7刷
P93
マンガ噴出し
加工機の際はゴミや〜」 加工の際はゴミや〜」 第2刷
P165
図5-31
下側の長いシャフトの図

第2刷
 



All rights reserved Copyright(C)
Labnotes co.ltd