Date.  



書籍サポート(図解力・製図力 おちゃのこさいさい)
「図解力・製図力 おちゃのこさいさい」をご購入いただきましてありがとうございます。
読者の皆様のご意見や問題点のフィードバックなどをこのページ上で、サポートさせていただきたいと思います。

誤字・脱字など、書籍に不具合などございましたらご連絡いただければ、このページ上でご報告させていただきます。
また、重版があった際には修正させていただきます。
ご意見は、今後の出版の参考にさせていただきたく思います。
 


設計実務の中で、設計者は頭の中で自由自在に創造性を膨らませるために、平面⇒立体、立体⇒平面と切り替えながらアイデア構築を行っています。
ところが3次元CADの弊害により、機械設計初心者たちは、立体から平面を想像できない、平面から立体を想像できない状態で成り行きの設計を行っているのが現状ではないでしょうか。
このように図解力の乏しい状態で設計をはじめても、最適な設計することはできません。図解力が乏しいということは設計力が弱いことを意味します。
設計と製図は密接に関係しています。設計で計算した結果を図面に盛り込まなければいけません。そのために設計で使う基礎的な計算も知らなければいけませんが、それも理解せず、過去の図面を真似しているのが現状です。
図解力と製図力を身につけることを目的とし、1部品の形状理解、1部品の展開形状理解、組合せ部品から構造の理解を促し、基準の考え方を学び、設計意図を盛り込んだ寸法線の記入と設計の中で必ず発生する圧入や強度・重量計算が理解できる書籍を目指します。

修正箇所 誤) 正) 修正適用
P2
三角柱の展開図
第5刷
P41
練習問題 3)
3) A面ヲ除キ、全面仕上ゲノコト。 3) A面を除き、全面仕上げのこと。 第2刷
P41
練習問題 5)
5) カッコ内寸法は、インチで表示される。 5) カッコ内寸法ハ、インチデ表示サレル。 第2刷
P47
下から2行目
下図の左側のように切断を用いて〜 下図の左側のように切断を用いて〜 第3刷
P60
a)の図
赤色で示した部分の線種ミス 一点鎖線
二点鎖線
第2刷
P60
b)の図
赤色で示した部分の線種ミス 一点鎖線
二点鎖線
第2刷
P60
c)の図
赤色で示した部分の線種ミス 一点鎖線 二点鎖線
第2刷
P82
本文2行目
円を正面から見た図に直径寸法を指示するにおいて、〜 円を正面から見た図に直径寸法を指示する場合において、〜 第3刷
P88
左下の図
寸法線のミス 6×10(=60) 10×6(=60) 第3刷
P129
Q4-01-3
:φ16H7  :(  :φ16H7  :(  第3刷
P141
下から6行目
ジャスト42.000で〜 ジャスト40.000で〜 第5刷
P157
マンガの噴出し
1Nやから100gか〜 1Nやから100gfか〜 第8刷
P172
右上の右側図

分母の d2 は間違い

分母は d2
第5刷
P187
式5-3

右辺2項目の分子にある括弧間の演算記号−(マイナス)は誤り

右辺2項目の分子にある括弧間の演算は積が正しいため、−の記号抹消
第7刷
P188
2)のb)式

pの前の(−)は間違い

pの前の(−)を抹消
第5刷
P190
σmaxの式

2段目の式の左の数値(Pmax)が437.5は間違い

2段目の式の左の数値(Pmax)を268に訂正
第5刷
P192
Pmaxnの式

EBの数値間違い(1.05×105 → 1.08×105

EBの数値間違い(1.05×105 → 1.08×105
第5刷
P192
Pminの式

EBの数値間違い(1.05×105 → 1.08×105

EBの数値間違い(1.05×105 → 1.08×105
第5刷
P204
左下図
第7刷
P204
右下図
第7刷
P211
workshop3-03
寸法線のミス 5×14(=70) 14×5(=70) 第3刷
P212
Q4-01-3
:φ16H7  :(  :φ16H7  :(  第3刷



All rights reserved Copyright(C)
Labnotes co.ltd