Date.  



書籍サポート(CADって、どない使うねん!)
「CADって、どない使うねん!」をご購入いただきましてありがとうございます。
読者の皆様のご意見や問題点のフィードバックなどをこのページ上で、サポートさせていただきたいと思います。

誤字・脱字など、書籍に不具合などございましたらご連絡いただければ、このページ上でご報告させていただきます。
また、重版があった際には修正させていただきます。
ご意見は、今後の出版の参考にさせていただきたく思います。
 



補足ページはこちら
3次元CAD販売会社の営業マンがデモンストレーションで部品を軽快に「モデリングしている」姿を見たとき、それはまるで軽快に「設計している」かのように映ります。
しかし、それはただ「形を作っている」だけであり、そこに「設計する」という意思は入っておらず、多くの設計関係者がだまされるのです。
「モデリングができる」ということと「設計ができる」ということは、これこそ次元が違う話です。

皆さんは、設計をはじめるとき、いきなりCADの前に座って線を描き検討をしていませんか?
製品開発は、次のようなプロセスを経て量産化されます。
@概略設計
A詳細設計
B試作品の製作
C設計評価・第三者評価
D生産図面・技術資料作成
これから開発する製品の素性、つまり信頼性やコストを決定付ける設計の最も重要なプロセスが「構想設計」です。
構想設計のような検討段階からCADを利用してしまうと、設計者の性格上、どうしても形状を完成させたくなります。しかし、これでは本来の構想設計とはいえず、構想をおろそかにした詳細設計が始まってしまうのです。

「CADは単なるツールである」という認識の下、鉛筆で設計者の頭の中のイメージをポンチ絵として描き表わす作業から、部品構成までばらし、部品表を作成して材料や表面処理まで検討してこそ、構想でありコストの予測もできるのです。
本書では、構想設計で描いたポンチ絵から、2次元CADを使ってスペース検討し、3次元CADを使って設計する手順を説明しながら、設計者が工夫できる効率的な3次元CADを使うテクニックや注意点などを紹介しています。

学生や新入社員で機械設計とはどうやって進めていくのか?と疑問に思っている方、まだ3次元CADを使ったことの無い設計者やトレーサーから設計者にステップアップしたい方にお勧めいたします!
機械設計の本質を知った上で、CADを使わなければいけないのです。
CADと鉛筆と設計者達

修正箇所 誤) 正) 修正適用
P170
図7-1内の言葉
品質保障 品質保証 第2刷



All rights reserved Copyright(C)
Labnotes co.ltd