出張放浪記
仕事しに行ってんだか・・ 観光しに行ってんだか・・


韓国・ソウル(2009年2月26日(木)〜28日(土) 書籍購入のため


韓国・ソウル(2009年2月)
以前勤務していた会社の後輩にガイドをお願いしてソウルに連れて行ってもらった。

早朝、車で姫路から相生を経由し岡山空港まで約2.5時間。平日でもソウル便は満席状態。

仁川(インチョン)空港は関空をしのぐアジアのハブ空港のため、欧米へ行くのに経由する人も多いらしい。

岡山空港は駐車場が無料のうえ、ソウル便の場合朝9時過ぎ出発、夜8時頃着になるため、2泊3日でもフルに楽しめる。

ソウル・仁川空港に到着。キムチの匂いはしなかった・・。

ホテルに向かうため高速バス(約900円)に乗って、約1時間。ソウル市街へ・・。
バスをベストウェスタンホテル前で降り、大きな空のスーツケースを引きずること15分。

宿は乙支路3街(EULJIRO 3-GA)にある格安で有名な「ホテル ビズ(明洞)」に着く。

一部屋、1泊約3,000円くらいだったと思う。これで冷蔵庫の飲み物や朝食が付いてくる。

小さい印刷会社のたくさんある狭い路地にある。
ホテルに昼過ぎに到着したため、昼食のため明洞へGO!

韓国人と日本人の見分けがつかないが、平日なのにかなりの日本人がウロウロしてる。

韓国初めての食事は、スンドゥブという辛い豆腐鍋。生卵やご飯を鍋に入れて辛さを紛らわすが汗が止まらない・・(>_<)。

この後、南大門市場まで歩いていき、韓国海苔などかさばるお土産を買う。
翌朝、仁寺洞に向かって歩いていく途中の川。
まだ10時前と時間的に早く仁寺洞のお土産屋がまだ開いていなかったため、北側にある古い町並みを歩く。
普通に生活している家の前を日本人観光客がカメラ片手に歩いているのは、どう思われているのか・・。
確か仁寺洞の町並みだったと思う・・。
その後、東大門に向かって、歩く歩く・・。

途中に立ち寄った市場の中。屋台の食べ物がおいしそう。
東大門は若者に人気のあるファッションビルが立ち並ぶ。

金曜の昼間であったが、韓国の若者でファッションビルの中はいっぱい。
夕食のために戻ってきた明洞駅前の通り。

韓国経済が悪いといっても、この活気・・。

何か買おうかと見ていると日本人とすぐに見破られ、吹っかけられる。
最終日の朝、後輩がお土産の食材を最終買出ししたいとのことで、再び南大門に向かって歩く。
南大門の通り。

歩いていると、タレントのうつみ宮土理さんが南大門の店を紹介するロケをしている。

ガイドしてくれる後輩が、どうしても一緒に写真とって欲しいとのことで、うつみさんにお願いしてツーショット写真を撮ってあげる。
今回の旅の目的である製図関係の本を購入。これだけ買って、約8,000円!

重たくて、持って帰るのが大変だった(>_<)

めちゃくちゃ安い!本が安いので大人買いしている人が多い。
夕方になり、飛行機に乗り遅れないように一路、仁川空港へ・・。

最後の最後で、今回ガイドしてくれた後輩が、混雑している出国審査場でキムチ持込で引っかかる。
(何回、韓国に来てるねん!)




All rights reserved Copyright(C) Labnotes Co. Ltd