四国八十八か所
歩き遍路の旅


大阪〜甲浦〜生見 2016年3月5日
1週間スケジュールを空けたので、歩き遍路(高知編)を始めるべく、JR大阪駅前から高速バスを使い、前回中断した甲浦へ向かう。
4時間半で甲浦のバス停に到着。

まずは、前回中断した甲浦駅へ向かう。
ここから、再スタート!

今夜宿泊する生見を目指す。
30分で民宿いくみに到着。

本当はもう少し先に進みたかったが、この先はしばらく民宿がなく仕方なし・・
当日はサーフィンの大会があったらしく、民宿にもサーファーが泊まっている。

夕食は魚料理。

明日は室戸岬にある最御崎寺にお参りするため、38Kmの道のりのため、早朝出発する。


生見〜24番(最御崎寺)〜室戸 2016年3月6日
朝5時に起き、5時15分出発。

まだ真っ暗な中をライトももたずに歩く。
朝6時過ぎに朝日が顔を出す。
延々と海岸沿いの国道55号を進む・・・
遠くに夫婦岩が見える。

夫婦岩手前にドライブインがあり、店はここくらいしかなさそうなので、昼食に。
日替わりの刺身定食。

お母さんがお接待にと、魚の煮つけとコーヒーを出してくれた。
室戸世界ジオパークセンターがあり、少し休憩をかねて見学に。

お接待ではないが、無料で焼き芋を配っているとのことで、ありがたくいただく。

歩きながらほおばるも、安穏芋で甘くておいしい!
この辺りは海洋深層水の研究施設が幾つか並んでいる。
   やっと室戸岬に到着。
   
 向かって左側に御厨人窟、右側に神明窟がある。

弘法大師ゆかりの洞窟。
  やっと、最御崎寺(ほつみさきじ)への遍路道に入る。

本日初めての山道!
お参りの後、すぐ近くにある室戸岬灯台へ・・
 あとは、本日の宿に向かうだけ。

スカイラインをひたすら下ると、左手のドーム状の家が本日の宿。
室戸では、南風と書いて「まぜ」と言うらしい。

お客が少なくて困っていたという女将さんとその息子さん。

私一人のために豪華な食事を作ってくれたが、ボリュームありすぎて食べきれない・・

今まで宿泊した中でベスト1に入るおもてなし!
金目の鍋に、かつおのたたき、かつおの刺身と超豪華!

洗濯機と乾燥機も無料で使え、お風呂も一人ひとり湯を入れ替えるとのこと。

室戸〜25番(津照寺)〜26番(金剛頂寺)〜奈半利 2016年3月7日
昨日に比べて歩く距離が少ないため、朝7時に朝食。

7時半過ぎに出発。
ほどなく、25番寺 津照寺に着く。

山門は、オリエンタルな造りが特徴。
遍路道を登り、26番寺 金剛頂寺へ到着。
今朝出発した室戸岬が見える(上の写真)。

境内ではお接待どころがあり、おもてなしを受ける。
上の写真のドライブインで昼食をとるつもりが、あいにくの定休日・・

このドライブインまでは、ちょこちょこ店があったのに、ここからピタッと店が途絶える。。(>_<)
伝統的な吉良川町の街並み。

昼食を食べ損なったので、小さなスーパーでパンとジュースを購入。
羽根岬を境に、室戸岬が見えなくなる。

午前中に、2ヶ寺お参りしたあとが長かった・・

歩けど歩けど、なかなかホテルに着かない・・
夕方、やっと宿泊先である「ホテルなはり」に到着。

大浴場に露天風呂がある。

奈半利〜27番(金神峰寺)〜安芸 2016年3月8日
  本日も、朝7時に昼食をとり、7時半に出発。

奈半利から高知市内に向かって電車が通っている。
歩き始めて2時間ほどで、お寺への遍路道に入る。

坂がきつい上に2kmの長丁場!
27番寺 神峯寺に到着。

ここは、名水 神峯の水で有名。

魔法瓶に水を補給する。
本日のお寺はここだけで、あとは安芸にあるホテルに移動するだけ。

時間に余裕があるため、お寺の上にある神峯神社と、さらに上にある展望台を見学することに。
 30分以上かけて展望台に着くと、なんと!
そこには6階建ての展望台が・・(ToT)/

クタクタになってるときの、この追い討ちは心が折れる・・

仕方なしに階段を登り、室戸岬とこれから行く安芸市を望む。
展望台から降りるとお昼時で、昼食のことを考えていなかった!

納経所のお姉さんに食事する場所を尋ねると、寺の駐車場にうどん屋があるが、それを逃すとしばらく食べられないとのこと。

メニューは1品しかない野菜うどんをいただく。

お接待にソフトボールより二周りほど大きな文旦をいただくが、甘くておいしい。

食事後、マメができて痛い足を引きずりながら、のんびりと景色を楽しみながら安芸へ向かう。
1時間に1本くらいの割合で電車が通る。

土佐くろしお電鉄のごめん・なはり線。
夕方に、安芸駅前にある「ホテル・タマイ」に到着!

11階のレストランで夕食。
 
   

安芸〜香南 2016年3月9日
本日は大雨の予報・・

上下のカッパを装着し、朝7時半に出発。

予想外にそれほど雨はきつくない^_^;

本日は、28番寺 大日寺のすぐ近くの民宿が満室のため、お寺の手前40分ほどにあるホテルが目的地。

距離は20数キロと少ないが、雨なのでちょうどよかった。
ちょっと不気味なお遍路休憩所・・
道の駅があり、ここでおにぎりを買って昼食。

昼食を食べた後あたりから雨がひどくなり、時折、強い風が吹く。。
3時前に「高知黒潮ホテル」に到着!

隣接して天然温泉の湯があり、疲れを癒す。

夕食で出たうつぼのから揚げが美味い!

香南〜28番(大日寺)〜29番(国分寺)〜30番(善楽寺) 2016年3月10日
大雨の翌日は快晴!

しかし、数日前と比べて気温が低く、風邪を引きそうなくらいの寒さ・・(>_<)

朝6時半に朝食を食べ、7時前に出発。

本日で区切り打ち遍路は最終日。
歩くこと30分ほどで、28番寺 大日寺に到着。
歩き遍路さんと、抜きつ抜かれつのデットヒート。

私より20歳ほど年上なのに、通し歩き中で、健脚!!
29番寺 国分寺へ到着。

歩き遍路の外人女性2人組が、暗記で般若心経を唱えているのにびっくり!
 
お昼前に高知市内に入る。

ほどなく30番寺 善楽寺に到着。
善楽寺横には土佐神社があり、お参りする。
本日のミッション完了!

31番寺方面に向かい、とさでんに突き当たった地点で、今回の区切り遍路を終了とする。

県立美術館通駅に到着し、とさでんで高知市街へ。
お昼過ぎに、はりまや橋に到着。

「高知は修行の道場」と呼ばれるだけあった、わずか6日間のお遍路であったが、きつかった・・辛かった・・の一言。

高知駅前まで来ても、まだ高知県としてあと半分以上が残っているため、まだまだ修行が続きます。。



All rights reserved Copyright(C) Labnotes Co. Ltd