Date.  



技能士(機械プラント製図)
「技能検定」とは,労働省が認定する国家検定制度であり、労働者の持っている技能を一定の基準に従って検定し、これを公証するものです。
検定試験は学科及び実技があり、技能士となるためにはこの検定試験を受験し、両方に合格しなければいけません。この両方に合格すると「
技能士」と称することができます。ただし、合格していないものが「技能士」と称することは法律で禁止されています。
【注意!】
本資料は、一般的な情報の提供を目的とするものです。本資料の情報は、必ずしも保証を意味するものではありませんので、本資料に掲載されている情報の誤った使用、または不適切な使用法等によって生じた損害につきましては、責任を負いかねます。

技能士への道(技能検定 機械・プラント製図)

中央職業能力開発協会  ←試験・新着情報

厚生労働省 職業能力開発情報


技能検定の目的
技能者の技能習得意欲を増進させるとともに、技能及び職業訓練の成果に対する社会一般の評価を高め、労働者の技能と地位の向上を図り、ひいては我が国の産業の発展に寄与しようとするものである。


技能検定試験実施日程(機械・プラント製図)
実施公示 9月上旬
受験申請受付け 10月上旬から中旬
実技試験 1月下旬(日曜日)
学科試験 2月上旬(日曜日)
合格発表 3月中旬~3月下旬
合格証授与 5月中旬~5月下旬

サポートマガジン サンプル版
サポートマガジンはAcrobat reader 7をインストールして閲覧ください。getacro.gif

受験資格
区  分  1級及び2級
2級の受験に必要な実務経験年数 1級の受験に必要な実務経験年数
2級合格後の年数 直接1級を受験する場合
実務経験のみ 2 2 7
職業高校卒業 0 2 6
短大・高専・高校専攻科卒業 0 2 5
大学卒業 0 2 4
専修学校卒業
各種学校卒業
(労働大臣指定のものに限る)
800時間以上 0 2 6
3200時間以上 0 2 4
短期課程の普通職業訓練終了           700時間以上 0 2 6
普通課程の養成訓練終了
専修訓練課程の養成訓練終了
職業転換課程の養成訓練終了
2800時間未満 0 2 6
2800時間以上 0 2 4
専門課程の高度職業訓練修了 0 1 3
応用課程の高度職業訓練修了 0 1 1
長期課程の指導員訓練修了 0 1 1
職業訓練指導員免許取得 0 1 1



All rights reserved Copyright(C)
Labnotes co.ltd