Date.  



実力テスト(安全性)
安全性に関する課題です
【注意!】
本資料は、一般的な情報の提供を目的とするものです。本資料の情報は、必ずしも保証を意味するものではありませんので、本資料に掲載されている情報の誤った使用、または不適切な使用法等によって生じた損害につきましては、責任を負いかねます。


正誤問題
ジャンル 問題文 参考図 解答
安全 製品事故(事故発生の可能性も含む)や製品の安全性に関係する企業責任を軽減するための総合的対策をPLP対策(Product Liability Prevention)と呼ぶ  
安全 セーフティ・マネジメントとは、経営トップの製品安全に関するポリシーに基づいて、製品の全ライフサイクルの各段階を通じて安全確保のための必要なプログラムを作成規定し、プログラム全体の要求事項に合致する安全確保の作業と活動を計画・実施し、達成するマネジメントを言う。  
安全  製品事故(事故発生の可能性も含む)や製品の安全性に関係する企業責任を軽減するための総合的対策をPLP対策(Product Liability Loss Prevention)と呼ぶ。  
安全 フェールセーフとは、国際電気標準(IEC)では、「特定の障害モードが圧倒的に安全側であるようなアイテムの設計特性」と定義され、安全サイドに故障することを意味する  
安全 システムの一部が故障などによって、本来の機能を果たせない状態になった場合に、システム全体として致命的な障害とならないように「安全側」に倒れるようにすることをフールプルーフという  
安全 最小限の設備などに対し余裕を設けて故障などに備えることを冗長システムという  
安全 ハザードとは、危険事象の潜在的要因で、それによって事故などが発生する可能性をりスクという  
安全 安全性が許容範囲にならないが対策のしようがない危険を残留リスクといい、取扱説明書や装置に警告表示を施すなどの手段で情報を確実に伝達しなければいけない
安全 UL規格とは、「新しい電気製品、部品、及び材料に関する試験評価、安全規格の制定」を行うアメリカの国家規格である
安全 安全設計基準を大幅に超える要因によって、想定された手段で適切な炉心の冷却または制御できない状態で、その結果炉心の重大な損傷にいたる事象をシビアアクシデントと呼ぶ
安全 リスクとは、損失や被害やその他 望ましくない事象が発生する可能性をいう
安全 ヒューマンエラーは、「意図しないミス」と「意図的な違反」に分類できる
安全 不安全行動とは、意図的なリスクテイキング(安全規則違反)をいう
安全 現場や作業の状況の中に潜む危険要因を発見し、その問題点を解決して、危険に対する感受性や集中力、問題解決能力を高める活動を、危険予知活動(KYK)という
安全 フォークリフトの運転者が運転位置から離れるときは、フォークなどの荷役装置を最低降下位置に置かなければいけない
安全 一般的にコンクリートと製品など他の部材をつなぐ金具をアンカーボルトという
安全 特定の条件(一般的にはガードが閉じていない場合)のもとで危険な機械機能の運転を防ぐことを目的とした装置のことを、インターロックという
安全 露出充電部や漏電している電気機器に体の一部が接触し、電流が他の体の部分から大地に流出していくことを感電あるいは電撃という
安全 無線妨害のように、電気・電子装置あるいは機器やシステムの性能低下、誤動作及び故障を引き起こす妨害のことを、電磁妨害(EMI)という
安全 リスクアセスメントの手順のうち、どのような危険源があるのかを把握することを「リスクの見積もり」という


選択問題
ジャンル 問題文 選択肢 解答
安全 警告ラベルを作成する上で適切でないものはどれかどれか イ ハザートアラートシンボルを使用して注意を引くようにする
 製品の持つ危険性の大きさ(危険・警告・注意)を表示する
 警告を無視した場合に生じる結果を記述する
ニ 警告ラベルを可能な限り多く貼り付ける
安全  「一般的に製品は、それ自身及びその中に取り入れられているこれら全てのエネルギー源がない状態になったとき、安全性は最も高くなる。」
上記にに示す説明は次のうちどれか
 ハザードマッピング
 ホステッジ・コントロール
 ロックアウト(Lockout)
ニ ゼロメカニカルステート(ZMS)
安全 取扱いを誤った場合に、使用者が軽傷を負うか又は物的損害のみが発生する危険の状態が生じることが想定される場合に表示する文字は、次のうちどれか。  危険
 警告
ハ 注意
 禁止
安全 ISOでいう安全とは「受け入れ不可能なリスクがないこと」と定義されている。ISO12100は階層化構成となっていて、下位規格は上位規格に準拠する体系になっている。次のうち基本安全規格(A規格)はどれか  全ての規格類で共通に適用できる基本概念、設計原則を扱う規格
 安全関連設備で共通に使用されるような要素(例えば、安全に係わる装置や電気設備、電子機器など)と、安全に係わる物理量(例えば、温度や安全距離など)に関する規格
 特定の機械に対する詳細な安全要件を規定した、いわゆる製品規格
ニ ISO(国際標準化機構)とIEC(国際電気標準会議)の両方を満足した規格
安全 故障しても、別のものがバックアップするシステムの名称をなんというか  フェイル・トレランス(Fail Tolerance)
 フール・プルーフ(Fool Proof)
 インターロック(Safety Interlock)
ニ タンパー・プルーフ(Tamper Proof)
安全 以下に示す4つの項目において、製造物責任予防(PLP)を実施するうえで、企業のリスクマネジメントとして、事故の発生を予防するための対策にふさわしいものはいくつあるか
@設計上の対策 A製造上の対策 B警告表示上の対策 C物流上の対策
 1つ
 2つ
 3つ
 4つ
安全 国際コンソーシアムによって作成された労働安全衛生マネジメントシステムのことをなんというか  LOHAS
 OHSAS18001
 ISO12100
ニ ISO14001
安全 機能安全とは、電気・電子・プログラマブル電子安全関連系を用いて危険源を制御することにより確保される安全性をいう。機能安全の安全性能の尺度で最も安全性の高いものは次のうちどれか  SIL1
 SIL4
 SOL1
ニ SOL4
安全 想定される危険の状態がもたらす被害や損害の程度によって、警告表現用語を使って警告表示(Signal word)を付記しなければいけない。次の組み合わせのうち、正しいものはどれか。ただし左に記入した用語ほど危険の状態が高いものとする  WARNING > DANGER > CAUTION
 CAUTION > DANGER > WARNING
 DANGER > CAUTION > WARNING
 DANGER > WARNING > CAUTION
安全 製品安全協会が、構造・材質・使い方で生命または身体に危害を与える恐れのない製品にのみ表示される適合マークをなんというか  SGマーク
 PLマーク
 QCマーク
ニ JISマーク
安全 ヨーロッパ連合(EU)地域で発売される指定製品に貼付を義務付けられているものは次のうちどれか  CCC
 CE
 cUL
 UL
安全 製品の危険性を表す用語で、警告表現用語にないものはどれか  ATTENTION
 CAUTION
 WARNING
 DANGER
安全 装置のある部分が故障しても、運転が正常に続けられるよう、余分な機器などを組み入れて信頼性を上げる設計をなんというか  フェイルセーフ設計
 フールプルーフ設計
 インターロック設計
 冗長性設計
安全 本質安全防爆における防爆構造として正しくないものは次のうちどれか イ 外圧防爆構造
ロ 内圧防爆構造
ハ 油入防爆構造
ニ 耐圧防爆構造
安全 安全性確保に対して、製造者側が行う安全方策の実施事項として当てはまらないものは、次のうちどれか イ 本質的な安全性設計
ロ 安全防護及び追加の安全方策
ハ 使用上の情報の作成
ニ 使用上の情報の確認
安全 リスクアセスメントに基づく本質安全設計に含まれないものは、次のうちどれか イ 挟まれたときに被害が生じないよう力を小さくする
ロ 安全弁など過負荷防止機構によって生じる応力を小さくする
ハ 鋭利な角、端部、突起のない構造とする
ニ 駆動部全体を覆うカバーの設置
安全 事業やプロジェクトのリスクの存在を把握し、リスク回避の優先順位を事業やプロジェクトの初期段階に実施する手法をなんというか イ ハザードマップ
ロ リスクマネジメント
ハ リスクアセスメント
ニ クライシスマネージメント
安全 国際安全規格ISO12100で、装置の潜在するリスクを低減させるためにリスクアセスメントの優先順を決めている。この中で最も優先される項目はどれか イ 安全思想教育の実施
ロ 使用上の注意点など情報の開示
ハ 安全防護策の実施
ニ 本質的安全設計の実施
安全 グループ討議によって危険を予知し、事故を未然に防止するための行動目標を立て実施する訓練をなんというか イ TQC
ロ KYT
ハ LCA
ニ 5S
安全 対象製品をリスク分析して、リスクが許容範囲でなかった場合はスリーステップメソッドによる安全設計を行わなければいけない。次のうち、スリーステップメソッドとして不適切なものはどれか イ 危険源をなくす本質安全設計の検討
ロ 故障や誤動作が起こらない対策の検討
ハ 安全防護および付加防護策の検討
二 使用者に対する危険源の明示を検討
安全 樹脂材料の難燃性の尺度として UL94 によるものが一般的に使用される。難燃性の判定は、規定された寸法の試験片にガスバーナーの炎を当てて試験片の燃焼の程度を調べる燃焼試験によって行なわれ、「5VA」、「5VB」、「V-0」、「V-1」、「V-2」、「HB」の6等級に分類される。次のうち最も難燃性の低いものはどれか イ 5VA
ロ V-0
ハ V-2
二 HB
安全 安全設計の考え方で、操作や制御の相互間で一定の条件が整わないと他の動作を実行させない概念をなんというか イ インターロック
ロ ポカヨケ(バカヨケ)
ハ フェールセーフ
二 フールプルーフ
安全 プラントなどで可燃性ガスや可燃性液体の蒸気ががある場合、、スイッチ類の開閉や静電摩擦によるわずかな火花でも引火や爆発する危険性がある。そのため、防爆形電気機器を選定しなければいけないが、その危険度に応じて危険場所を分類しているが最も危険な場所はどれに分類されるか イ 0級
ロ 1級
ハ 2級
二 3級
安全 砥石を使った高速切断機を安全に使用するため、守らなければいけない操作や安全に関する情報項目がある。次のうち、誤っているものはどれか イ 砥石には砥石径と最高使用周速度が記載されているので、守ること
ロ 材料を切断する最初の状態で一気に強い力をかけること
ハ 砥石の側面を使ってはいけないこと
二 偏心状態で砥石を取り付け回転させないこと
安全 労働安全衛生に対するリスクと対策の一覧化および責任所在の明確化等を目的とする規格は、次のうちどれか イ OSHA
ロ ISO19001
ハ OHSAS18001
二 ISO14001



All rights reserved Copyright(C)
Labnotes co.ltd